塩分が原因となって起こる生活習慣病とその予防

日本の食事は伝統的に塩分が高いのが特徴であり、味噌汁や漬物、うどんやそばなどの伝統食に加え、世界各国の食事が取り入れられたことでその傾向に拍車がかかっています。しかし、近年問題になっている生活習慣病の原因となっていることから、少しでも摂取量を減らすことが望まれているのが現状です。
日常生活に原因があって発症する様々な病気として、誰もがかかりうるものとして生活習慣病が定義されていますが、その予防をする上で減塩食をするのには効果が期待できます。特に因果関係がはっきりとしているのが高血圧です。血圧が高い状態が維持される身体になってしまっているのが高血圧であり、その血圧の閾値は刻々と改定されてきています。しかし、高血圧と診断される程度のレベルで血圧が高くても自覚症状が生じることはまずありません。非常に高い状態になるとそれだけで脳内圧の上昇などが起こって意識不明の渋滞になる場合がありますが、極めて稀なケースであると理解しておきましょう。自覚症状がないのなら問題はないと考えてしまうのは浅はかであり、血圧が高い状態が続いてしまうのは血管や心臓、腎臓にとっての負担になることを理解しておく必要があります。血管に負担がかかり続けてしまうと、それに抗うために血管の肥厚が起こってもろくなってしまいがちです。これが動脈硬化を引き起こし、さらには血栓の形成を経て脳梗塞や心筋梗塞などを合併するリスクを高めてしまいます。また、血管が破裂するリスクもあり、脳出血などの重篤な疾患を患う危険性を持っているのです。一方、心臓への負担は心筋の肥厚をもたらして心肥大を起こしたり、負担がかかり続けたことで心不全を起こす危険性もあります。腎臓への負担は腎不全に至るリスクを高めるものであり、様々な疾患の元凶となるのが高血圧なのです。

高血圧の対策をする上で大切なのが減塩食です。生活習慣病としても日本で最も多いとされるのが高血圧の特徴であり、国家的なレベルでの予防が重要視されています。日本人の場合に原因として多いと考えられるのが日常生活における塩分の過剰摂取であり、減塩食を行うだけで改善が見られる人も少なくありません。
しかし、減塩食の推進で問題になりがちなのが高血圧には自覚症状がないことです。明確な症状があって不調を訴えている場合には改善したいという気持ちが湧いてきますが、症状がないためにもっと美味しい食事をしたいと考えて減塩を辞めてしまう人も少なくありません。生活習慣病予防全般に関して起こりやすい問題の一つですが、特に今まで塩の効いた食事で満足をして生活してきた人にとって、塩味を感じられないような食事を毎日行っていくのは苦痛となってしまう場合もあります。そのため、工夫をして食事を楽しめるようにすることが減塩食を継続するために欠かせません。
塩以外を使って食事の調味を行っていくのが賢明な考え方であり、酸味や辛味を利用するのが効果的な方法です。酸味のもととなる有機酸には疲労回復効果を期待することもできるため、より活動的な生活を送れるようになる可能性もあります。運動をして日常生活を改善し、生活習慣病の予防をしていこうというときにはその原動力となるとも期待できるでしょう。また、辛味の成分としてよく知られる唐辛子のカプサイシンには脂肪燃焼を助ける効果も示されてきているため、肥満も問題になっている人にとって効果的な対策になります。減塩を基本とした食事を楽しめるようにする工夫には調味料の活用が大切です。工夫を続けていくうちに塩分の少ない食事に慣れてきて美味しさを感じられるようになり、減塩食を続けていけるようになるでしょう。

小宮生也は生活習慣病になりたくない