生活習慣病の原因と予防のために歩くことの益

生活習慣病の原因はいくつかあります。その名前の通り、生活習慣が不健康であるため、さまざまな症状を併発します。たとえば外食やお惣菜などの取りすぎはその一つです。外食やお惣菜は、だれが食べてもおいしいと感じるようにできています。そのために脂肪分や糖分がたっぷり含まれています。またしっかり味付けをするために、塩分は決して少なくありません。また腐らないように、添加物が加えられています。中には依存性の強い添加物もあります。最近は健康志向になってきたとはいえ、やはり出来合いの食品を長期間食べ続けることは、健康に悪い影響を及ぼします。さらに生活習慣病の別の原因は過度の飲酒です。お酒は発酵食品のひとつであり、本来ならヘルシーなドリンクです。しかし制御せずに適量を超えて飲むなら、体がアルコールを分解することができません。車がオーバーヒートを起こしている状態と同じです。糖分や塩分の取りすぎも健康を害しますが、アルコールの取り過ぎはそれらよりも、もっと深刻な害を引き起こします。仕事上の付き合いで、飲まないわけにはいかないという人はたくさんいます。上手に対処する方法を考えましょう。場の雰囲気を壊さずに、飲酒を控えることは不可能ではありません。また日常生活のストレスから、飲酒をする人もいます。お酒を飲むことで、たまったストレスを発散させるという目的があるのです。しかしそれにより病気になるなら、本末転倒です。別のストレス解消を見出すようにしましょう。あるいは最初からストレスをためないように改善することが根本からの解決になります。生活習慣病の初期段階はほとんど自覚症状がありません。健診でわかったときには、かなり進んでいたということもあります。現代人のライフスタイルは、生活習慣病予備軍と言えます。ですから全ての人が予防意識を持ち必要があります。そのための良い方法のひとつは歩くことです。

生活習慣病の予防に歩くことはなぜ良いのでしょうか。歩くことで、心拍数が適度に上がり血行が促進されます。全身を使うので、体のさまざまな筋肉を使います。インシュリンの働きを強める効果もあります。さらにある報告では、脳内にリラックスを促す物資が分泌されるため、精神安定剤に匹敵するほどの効果が得られることがわかりました。このようにウォーキングは、生活習慣病の予防に非常に大きな効果を発揮します。ほとんどお金はかかりませんから、さっそく取り入れたいと思うかもしれません。やわらかい靴と楽な服を着るだけで、準備完了です。水分補給を忘れないようにしましょう。また忙しくてそんな時間がないなら日常生活で工夫することができます。わざと目的地から遠い場所に車を止める、またはエレベーターを利用しないというのも良い方法です。また生活習慣病は自覚がないこともあります。自分は健康だと思っていたら、実はボロボロだったということもあります。ですからどんなに健康に自信があっても、予防のために注意することはとても大切です。生活習慣病はそれまでに積み重ねで発症します。治療には、倍以上の時間をかける必要がある場合もあります。予防に勝るものはありません。健康は何にも変えがたい貴重な宝です。いくらお金があっても、病気になれば自分だけでなく、家族全員も苦しみます。またできることも限られてきます。好きな食べ物も我慢しなければいけないかもしれません。今まで楽しんでいたこともできなくなります。ですから健康であることは、あたりまえのことではありません。いつまでも元気でいられるように、生活習慣に注意を払いましょう。そのためには適度な運動を行い、生活習慣病の原因となる食生活を避ける必要があります。十分な睡眠や適度な休憩も大切です。またメンタル面も健全であるためには積極的で楽観的な見方が欠かせません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です